2016年05月16日(月)

手話研修会

神奈川県議会は平成26年12月に「神奈川県手話言語条例」が制定されました。

その条例制定を受け、私たち議員も手話に明るくならなければならないということで、議員有志で手話の研修を行っています。

 今回は一般財団法人ろうあ連盟 常務理事の久松三二 氏から「手話言語法の制定に向けた活動について」講演を頂き、その後はグループに分かれて、手話の実技講習を行いました。

今日は「私は〇〇(名前)です。仕事は神奈川県議会議員をしています。選挙区は〇〇です。」という内容を手話で表現することでした。

テキストに書いてある表現を見て覚えるよりも、実際にやってみて、例えば「米」という字はなぜこういう動きで表現されるのかを教えてもらいながら、手話を覚えたほうが、何倍も覚えやすかったです。

 とはいえ、反復しないと忘れてしまうので、これからもしっかりと復習を重ねつつ色々な手話を勉強していきたいと思います。

 

※神奈川県手話言語条例について、条例の制定理由

 我が国では手話が言語であることを障害者基本法において明らかにしたものの、いまだ手話に対する理解が浸透しているとは言えない状況にあることから、手話に対する県民の理解を深め、これを広く普及していく必要がある。

 そこで、ろう者とろうあ者以外の者が、互いの人権を尊重して意思疎通を行いながら共生することのできる地域社会を実現するため、条例において、手話の普及等に関する基本理念を定め、県の責務や県民、事業者の役割を明らかにするとともに、手話等の普及に関する施策の総合的かつ計画的な推進を図ろうとするものである。

2016/05/16 18:33 | 未分類


ページトップ

【米村かずひこ事務所】〒254-0065 平塚市南原1-20-28 ジュネスⅡ(市民病院前) 電話&FAX/0463-67-1691
メール:yonemura.office@gmail.com ホームページ:http://yonemura-k.com

Copyright (C) 2015 yonemura kazuhiko